にほんブログ村 受験ブログへ あああああ001


★とものブログ(サブ)★〜大学受験勉強法を中心に〜

現役大学生(旧帝大です☆)のともが送る、楽しいブログ♪
頑張る受験生を応援します!
★勉強の極意★ → 継続は力なり。1秒でもいいから毎日続けよう。薄く・広く・何回も。


初めに、ブログ内の好評な記事を中心に紹介します!
これを読めば「とものブログ」が少しはわかるはず・・・→ ●「激選とものブログ」●
これを読んで「モチベーションが上がった」という人もいるようです 嬉しいです☆
●「とものブログ(サブ)って?」●
●このブログの「目次」はこちら●
●「メインのブログはここ」●
カテゴリ内全記事表示→  数学  化学  物理  英語  理科総合A

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | ★カテゴリー★ | ARCHIVE | ★リンク★ | PROFILE | OTHERS |
0


    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    拍手する
    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    0


      余弦定理 08:54
      余弦定理の説明です。

      下の三角形に余弦定理を用いると、
      Image812.jpg

      ★^2=●^2+■^2−2●×■cosθ が成り立ちます。

      教科書とかには余弦定理の式が3本書いてありますが、もちろんこれ1本を覚えればいいですね。


      どう覚えてもいいんですが、

      (注目している角の向こうの辺★の2乗)(その角をはさむの辺の2乗の和)2(その辺の積×cosθ)

      ってのを感覚で覚えられればOKと考えてもいいです。


      なんにせよ、覚えられればOKです。


      <余弦定理を使うとき 正弦定理との使い分け>

      Image812.jpg

      余弦定理は、3辺と、角θ、の4つの値の関係式を表します。4つのうちどれか3つの値が分かっていれば、残りのひとつの値が求められます。こういう場合に使います。
      角・辺・辺・辺(角1、辺3)です。

      Image813.jpg

      ちなみに、正弦定理は、等式の一部(例えば、AとBのことだけを考える)だけを見れば、「ある角と「その向こうの辺、「また違う角と「その向こうの辺」の4つの値の関係式を表すことがわかります。これも余弦定理と同じように、4つのうちどれか3つの値が分かっていれば、残りのひとつの値が求められます。こういう場合に正弦定理使います。
      角・角・辺・辺(角2、辺2)です。
      角・辺・半径の場合もあり(←
      わかりますよね??わかりにくかったら教えて下さい)

      拍手する
      | 大学受験 数学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
      0


        スポンサーサイト 08:54

        拍手する
        | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
        Comment








        Trackback
        この記事のトラックバックURL: http://tomo1415.jugem.jp/trackback/53
        << NEW | TOP | OLD>>