にほんブログ村 受験ブログへ あああああ001


★とものブログ(サブ)★〜大学受験勉強法を中心に〜

現役大学生(旧帝大です☆)のともが送る、楽しいブログ♪
頑張る受験生を応援します!
★勉強の極意★ → 継続は力なり。1秒でもいいから毎日続けよう。薄く・広く・何回も。


初めに、ブログ内の好評な記事を中心に紹介します!
これを読めば「とものブログ」が少しはわかるはず・・・→ ●「激選とものブログ」●
これを読んで「モチベーションが上がった」という人もいるようです 嬉しいです☆
●「とものブログ(サブ)って?」●
●このブログの「目次」はこちら●
●「メインのブログはここ」●
カテゴリ内全記事表示→  数学  化学  物理  英語  理科総合A

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | ★カテゴリー★ | ARCHIVE | ★リンク★ | PROFILE | OTHERS |
0


    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    拍手する
    | - | - | - | posted by スポンサードリンク -
    0


      persuade 13:28

       「persuadeの意味は?」→「説得する」

      http://ameblo.jp/tomo141/entry-10970691763.html


      拍手する
      | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
      0


        国公立大学を目指そう もくじ 10:29

        大学受験を控えた君へ。

        魅力たっぷりの、国公立大学を目指そう。

        ■国公立大学の良い所

        それは、

        教育が充実している
         …私立に比べて、国公立は「学生」に対して「教授、教員」の数が多く、勉強する環境がとてもよい。やはり大学では質のいい勉強をして欲しい。

        学費が安い
         …私立に行くと、国公立の約2倍の学費が必要。自分のため、家のため、親孝行…。学費は安い所に行きたいですよね。

        主にこの2つ。




        拍手する
        | 大学受験 全般 全科目 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
        0


          英語 何日かあとに復習 Twitterにて 10:04

          「覚えられない単語」、「マスターしたい問題」等はありませんか?僕あてに問題をつぶやいてくだされば、何日か後に、あなたに同じ問題を送ります。英語の勉強の復習に役立てて下さい!!



          Twitterでの、みなさんの英語の勉強に役立てよう

          と考えたことがあるので書いてみます。

          僕が作った、英語勉強用Twitterアカウント「@tomo141English」で下のようなシステムを使っていきます。


          特徴はこれ

          ー分の復習したいことが何日か後に復習できる

          △曚の人が作った問題でも勉強できる


          この2つ。

          もちろん,世韻陵用、△世韻陵用もOK。

          ではさっそく、具体的にどんなものなのか、「タロウくん」を例に書いていきます。


          〜〜〜例1〜〜〜

          タロウくんは英語の勉強をしています。

          しかし、タロウくんにはなかなか覚えられない単語、

          「persuade」

          があって困っています。

          タロウ「1日たつと、persuadeの意味をすっかり忘れちゃうよ…」

          〜〜〜〜〜〜〜


          こんなときに、僕の考えたシステムを使って下さい。

          タロウくんはTwitterでアカウント「@Taro1111」を持っているとします。

          やり方は、


          〜〜〜〜〜〜

          「persuade」の意味を覚えたいタロウくん「@Taro1111」は、下のようにツイートします。

          ↓↓↓
          @tomo141English 「persuadeの意味は?」→「説得する」
          ( あいさつとかなくてもいいので遠慮なくお願いします(^O^) )
          ↑↑↑

          すると、何日かあとに、@tomo141English が、下のようにつぶやきます。(さらに○日後にもまたつぶやきます)

          ↓↓↓
          @Taro1111 の問題「persuadeの意味は?」答えはここ→「http〜〜(リンク)」
          ↑↑↑

          タロウくんは「@関連」を見ていれば、上のつぶやきが来たことに気づけます。

          リンクをクリックすれば、

          「persuadeの意味は?」→「説得する」

          のような記事が、ブログにアップしてあるので、これを読んで復習することができます。


          もう完全にpersuadeの意味を覚えてしまった、という場合は

          @tomo141English 「persuadeの意味は?」もう覚えちゃいました。

          などと伝えてくだされば、それ以降この、@Taro1111あての問題はつぶやかないようにします。

          〜〜〜〜〜〜


          上の使い方が、基本的な使い方。

          あとはどんな応用の仕方をしてもらっても構いません。

          ・覚えたい単語
          ・復習したい(  )の穴抜き問題
          ・英英辞典クイズ
          ・覚えたい和訳の問題

          などでもかまいません。

          上のような、「覚えたいこと」がありましたら、「@tomo141English」あてに、ぜひ、問題を送って下さい。



          これからも、英語勉強用アカウント「@tomo141English」をどんどん発展させたいと思っています。

          あなたの「覚えたい」が、「@tomo141English」の発展に貢献します。ぜひ、ご協力ください!!!


          拍手する
          | 英語学習 受験 TOEIC TOEFL | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
          0


            英単語 よく使われる接頭辞 23:10

            Richard E. Hodges の 「Improving Spelling and Vocabulary in the Secondary School 」 によれば、「よく使われる単語の20,000語のうち、約5,000語に接頭辞が付いていて、その82%の約4,100語が下の14個のリストの接頭辞を使っていた」といいます。

            つまり、

            下の14個の接頭辞を理解すれば、約4,100語接頭辞がついている単語の82% !!)を理解する第一歩を踏み出せる!!

            ということです。ではさっそく、接頭辞とその意味のイメージのリストです。

            ab- (away from)
            be- (on all sides, overly)
            de- (reversal, undoing, downward)
            dis-, dif- (not, reversal)
            ex- (out of, former)
            pre- (before)
            re- (again, restore)
            un- (do the opposite of)
            ad- (to, toward)
            com-, con-, co- (with, together)
            en-, em- (in, into, to cover or contain)
            in- (into, not)
            pro- (in favor of, before)
            sub- (under, beneath)





            日本語を入れていくと…、


            1. ab- (away from)
            「離れて」。
            m,p,vの前ではa- ;c,tの前ではしばしばabs-

            2. be- (on all sides, overly)
            「全面、完全、囲む」。

            3. de- (reversal, undoing, downward)
            「下降、分離;除去、否定、強意、悪化;非難」

            4. dis-, dif- (not, reversal)
            「分離、反対、否定」

            5. ex- (out of, former)
            「外、前の」

            6. pre- (before)
            「以前の」

            7. re- (again, restore)
            「再び、繰り返して、新たに、元に」

            8. un- (do the opposite of)
            「否定、反対」

            9. ad- (to, toward)
            「方向」
            ac-,ap-,apo- に変化

            10. com-, con-, co- (with, together)
            「共に」

            11. en-, em- (in, into, to cover or contain)
            「動詞化、〜の中に、覆う」

            12. in- (into, not)
            「中へ、否定」

            13. pro- (in favor of, before)
            「前」

            14. sub- (under, beneath)
            「下、下位、副〜」
            suf-,sug-,sum-,sus- などに変化


            拍手する
            | 英語学習 受験 TOEIC TOEFL | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
            0


              語源で覚える英単語−接頭辞・語根とは 00:04
              英語勉強力のひとつ「語源で覚える英単語」

              その第一記事として、

              接頭辞語根とは?」

              「それを覚えるとどうをするか?」

              について書いていきたいと思います。




              ■接頭辞・語根 とは?


              例えば単語 inspect を覚えるとき。

              inspect=中を(in)+見る(spect) =検査する

              という風に覚えていくと、頭の中に残りやすいし、何より楽しい。



              例にも出たように、

              in-(=中) など、単語の先頭にくる部分を「接頭辞」

              spect(=見る) など、単語の意味の基本となる部分を「語根」

              と呼ぶ。




              ■「接頭辞」と「語根」を覚えるとどう得するか?


              上で見たinspectの「in-」。

              in- は「中」という意味。

              じゃあこれを覚えたとして、次に語根「port」(=運ぶ)を覚えたとすると、

              「import」

              ( 「in-」 は、pの直前につくときは、「im-」に変化する。 )

              の意味を知らなかったとしても、「import」の意味を推測することが出来る。



              実際に考えてみると、

              im-(中)+port(運ぶ)=?



              import =im- +port =中に運ぶ =輸入する



              だと、推測できる(ことが多い)。

              (慣れてくると結構できるようになる。)




              ■もっと英単語の知識を広げるコツ


              もっと知識を広げるコツ。

              それを紹介していきたい。



              コツを言うのは後にして、

              さっき出た「import」。

              接頭辞im- を、接頭辞「ex- 」(外)に変えてみる。

              「export」。

              ex- は「外」。port は「運ぶ」。

              export =ex- +port =外へ運ぶ =?



              export は「輸出する」。



              推測できただろうか?

              このようにして、接頭辞や語根を覚えていくと、少ない暗記で、大量の英単語を獲得することが出来る。

              これからは、

              「接頭辞を変えてみるとどうなるかな?」

              と考えるクセをつけよう。




              ■ちなみに


              上の復習をすると、

              inspect =in +spect
              import =in + port
              export =ex +port

              が出てきた。じゃあ…

              ex + spect もあってもいいんじゃないのー?

              と探してみるクセもつけよう。



              ex +spect は、expect 。

              expect =ex-(外) +spect(見る) =外をみる=予期する・予想する

              となる。




              ■計算


              今回、

              接頭辞in-(中)
              接頭辞ex-(外)
              語根spect(見る)
              語根port(運ぶ)

              の4個を見てきた。

              (接頭辞2個)×(語根2個)=(英単語4個)

              となり、覚えた「部品」と覚えた「単語」の数はおなじになった。



              けどもし、

              (接頭辞3個)×(語根3個)=(英単語9個)

              なら、「6個の部品」が「9個の部品」になりうるし、


              (接頭辞4個)×(語根4個)=(英単語16個)

              なら、「8個の部品」が「16個の部品」になりうる。


              うまくいけば、

              (接頭辞10個)×(語根10個)=(英単語100個!!

              なんてこともあるかもしれない。



              そんな可能性を秘めた「語源」。「接頭辞」や「語根」など。

              勉強してみようというやる気が出てくると思う。




              これから少しずつ、このブログにて、紹介していきたいと思います。

              拍手する
              | 英語学習 受験 TOEIC TOEFL | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
              0


                接頭辞extra- 23:00

                接頭辞 extra- について。



                ●英英辞典Longman

                extra-

                1 outside or beyond
                2 very or more than normal



                ●ジーニアス英和辞典

                [形容詞につけて]「領域外の」「…の範囲外の」の意の形容詞を作る

                extraterrestrial



                ●使用例

                ○extraterrestrial =extra(外)+terrestrial(地球の) =地球外の

                ○extraordinary extra(外)+ordinary(普通の) =並外れた、異常な


                拍手する
                | 英語学習 受験 TOEIC TOEFL | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
                0


                  空気の平均分子量 15:16

                  空気の平均分子量の求め方を説明していきます。

                  理解してしまえばシンプルな計算です。



                  よく、大学受験化学で出るパターンは、

                  問題
                  空気の平均分子量を求めよ。なお、空気の組成は窒素80%、酸素20%とする。N=14、O=16


                  てな感じの問題。計算式は、

                  28×0.8+32×0.2

                  ですね。

                  窒素分子N2の分子量は28。N2が80%あるから、28×0.8
                  酸素分子O2の分子量は36。O2が20%あるから、32×0.2

                  これを足しあわせて、

                  28×0.8+32×0.2=28.8

                  というのが正解。これが空気の平均分子量です。



                  ちなみに、窒素78%、酸素21%、アルゴン(原子量40)1%なら、

                  28×0.78+32×0.21+40×0.01=28.96

                  となります。



                  ちなみにちなみに、Wikipediaによると、空気の平均分子量は28.966。

                  上で求めた値よりも大きいですよね。

                  つまり、上の計算では、「窒素や酸素やアルゴンよりも重い気体を無視しすぎている」ということです。

                  乾燥空気中に含まれる気体は、多い順に、

                  窒素(78.084%)
                  酸素(20.946%)
                  アルゴン(0.934%)
                  二酸化炭素(0.032%)
                  ネオン
                  ヘリウム
                  メタン
                  クリプトン
                  水素(0.50ppm)(=0.5×10の-6乗)(=0.00005%)


                  です。水素なんてごくわずかですね。これなら水素爆発も起きません。

                  水素は、4~76%存在していると爆発するんですね。

                  まあどうでもいいですけどね。



                  用語・補足

                  分子量…「その物質が1molあると何gか?」という値。

                  ちなみに、1molは602214000000000000000000個のこと。

                  酸素分子が、602214000000000000000000個集まる(=1mol集まる)と、32gになるんですが、こういうとき、酸素の分子量が32だぞーっていうわけですね。

                  気体は、どんな気体でも、1mol集まれば、体積は22.4Lです。


                  拍手する
                  | 理系な話 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
                  0


                    英語勉強力 00:07

                    「英語勉強技術」を身につける

                     英語の勉強を「する」力。それが英語勉強力。勉強する技術こそが、最終的な英語力につながる。



                    ■語源で覚える英単語

                     …「接頭辞」「語根」「接尾辞」を覚えて効率よく英単語を覚えよう

                    接頭辞・語根とは?



                    ■イメージで覚える英熟語 

                     …「前置詞のイメージ」「副詞のイメージ」をつかんで、英熟語を直感的に理解しよう



                    ■品詞分解


                    拍手する
                    | 英語学習 受験 TOEIC TOEFL | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
                    0


                      テスト 00:12

                      問題
                      goの意味は?


                      「行く」など。


                      拍手する
                      | 英語学習 受験 TOEIC TOEFL | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
                      0


                        なんのための勉強か 18:42
                        なんのための勉強か?



                        知識を蓄えるため?



                        もちろんそれもある。

                        どんな職につこうと、知識が多いに越したことはない。



                        そうも、言えるけど、もっとこう…



                        知識をためる方法、効率的な行動のしかただとか、

                        なにかに対して、一生懸命頑張れる力だとか、

                        目標のために、自分の趣味などのバランスを考え、時には我慢して努力するスキルだとか、



                        そういう能力を身につけるためだと思う。

                        拍手する
                        | ★やる気・モチベーションアップ etc | comments(0) | trackbacks(0) | posted by とも -
                        | 1/17 | >>